Kevin×U-KISS=♡

自分のための備忘録。長いイベントや日常などを… Twitter:@UKISSayaka

U-KISS ENDLESS SUMMER CAMP TOUR in KOREA③

2日目続き

そして、19時になってくじ引いて、なかなか会場に入れず…その間も会議?とかなのか沢山の一般の方々がキスミをかき分けて通って…韓国の方が、韓国の地で日本語で「すみませーん」って言いながら人混みを通るという異様な光景。笑 キスミのあけた道を通ったおじさまが『アイドルになった気分だな〜』と嬉しそうに言ってました。笑

お一人様から入場を〜と(くじを引いてないお一人様が1人いたみたいで)。入って掲示された集合時間をみて驚愕。(4時って!笑)
プレゼントたちをケビンのところに置いて、席へ。
みんなが席について、写真撮影から〜とユキス入場。
ケビンが先頭で来て、どこの番号に行くのかソワソワ。
一番方はこちらへお集まりください、と同時に椅子の後ろへいくユキス。
最初は3番にいたケビン。①③④や⑤あちこちにいく。キスミがえーと言うたびに席を変えるユキス。
そして、実は写真撮影が一番目だった私は、サイドに集まりながらユキスを見つめる。ドキドキ…。(誰かな?誰かな?)スタッフさんに紙を見せて話をして、少し目を離してる隙に………ケビンちゃん😂なんでいるの。なんで?⑥になんでケビンちゃんがいるの?(突然、ドキドキが止まらない…)その後もキスミのえーっが続くも、ケビンを見つめながら動かないで…と願う私。(みんなにもケビンで⑥は難しそうだね〜言われてたから諦めてた)
そして、、なんとそのまま写真撮影へ。
もう、、泣きそうな嬉しさ。(シャワーフルで浴びてて良かった〜笑)
ケビンに『お疲れ様〜!運動会の後、ゆっくり休めた?』と言われるも胸がいっぱいな私。
『うん!休めたよ!ケビン疲れてない?休めた?』(あぁもうどうしようと頭が真っ白。)
『大丈夫だよーいっぱい休んだ!どうしたの?』
『うん…まさかケビンと写真まで撮れると思ってなかったから…運動会一緒だっただけで、十分だったのに…嬉しくって』
『さやかちゃんは僕に当たることが多いよね!すごいね〜!ありがとう』(うん…確かに引きはいい方なんだよ。)
そして、写真撮影へ。座るとケビンの顔が左にあって…既にバックハグをした状態で
『バックハグでいい?違うのがいい?』
何も答えられなくてごめんね、耳元で囁くようにバックハグでいい?なんて言われたら答えられない(/_\)(生まれて初めて家族以外の男の人に抱かれたから(語弊))

とってもいい匂いなケビンちゃん♡まだ誰も抱いてないのか…新鮮なホヤホヤな準備したてケビンちゃん♡なんて思いながらニヤニヤ。
『ありがとう〜ケビン♡とっても幸せだったよ〜』
『ありがとう〜僕も幸せ〜またね〜バイバーイ』
全メンバーにご挨拶をしながら舞台を下りる(笑)
そして、席に戻るときに相部屋のお姉さま方がいて『おめでとう〜ケビンと撮れてよかったね〜⑥だったけ?たまたま?すごい〜』と言ってくださって喜びが倍増。ずっと気にかけてくれて、写真は好きな人と撮れた方がいいよ〜って色々と気を遣って頂いていたので、本当に感謝感謝…。
席に着くと、捌けるメンバーたち。並ぶのに時間がかかるからね!笑 暫くして、撮影再開。
一回目の試し撮り感なに?笑 本当にワンショット目の写真見たらイライ、目を閉じてて笑ってしまった (笑)

いやーなんの心構えもせずに、当たったメンバー(ケビン以外)と楽しく〜ぐらいにしか考えてなかったから緊張感が半端なかったです。笑
そして終わってペンミへ。
0330から始まる。(個人的にキスミになった時の歌だから嬉しかった) シクロ歌ってお話へ。
一人の時に何をしていたか。
ケビンちゃんは家族とあまり旅行に行けてないので、久しぶりの休みで家族旅行でチェジュ島に行ってきました〜♡と。海に入ったりしたそうで。
MCのお姉さまが『どこの海に行きましたか?』というとうーん。と考えるケビンちゃん。(思い出せない様子 笑)
MCさんが『〇〇ですか?』というと、『わぁそうです!!!何で?何で分かりましたか?』と。MCさん『いや〜有名な海ですからね😅』と。何をしても何を言ってもかわいいな。
次のコーナーがウソ発見器!
スヒョン、フン、イライと電気が走ってケビンまでくる。(スヒョンさんの老いを感じて悲しいみたいな質問で電気が走った後に、ケビンがスヒョンさんに『おやじ』とか言うからキスミ爆笑。 小悪魔ケビンちゃん♡笑)
怖い怖いとケビンが言っていると、MCさんがちょっと電気を弱くしましょう〜と弱める(笑)
Q僕は愛より友情だ
A僕は友情よりも愛が大切です。一度結婚したら、死ぬまで行かなくてはなりません。
結果は〜 ピンポン◎
電気走らず。嬉しそうなケビンちゃん♡最終的に電気が走らなかったのはケビンちゃんだけ(笑)
続いてユキスと言えばコーナー。まぁ楽しく終わって、プレゼントコーナーも色々と面白く終わって、おやすみ挨拶のフロア決めへ。

f:id:Kevilatte:20160908123217j:image
3階 4.6階 5.7階の3チームに分かれて行きます!と。
ここまで全部、本当に運よくケビンちゃんだったから、もう誰でもいいよ!と思いながらクジを見守る。(だけど…ケビンちゃん当てて…と念じる 笑)
スヒョン 4.6階 フン 3階 イライ 3階
ケビンに来る前にこの状態!3分の2の高確率!!お願い!!
ケビンちゃん『僕は、5階7階に行きます!』
ぎょえー。怖いくらいに運がいいペンミだった。笑 7階はケビン&ジュンくんが♡
そしてもう一度、かっこよく楽しくライブを。とっても短かったけど、楽しかった♡
一度捌けて、戻ってきて、挨拶してMCさんがでは〜みたいなことを言ったらユキスが『あっ知らないですか?僕たちもう一曲歌うことにしました!』よく分からないけどもう一曲歌って、後でね〜!と。
この挨拶の時に、一人一人お話したんだけど、ケビンの時だけMCのお姉さまが「笑顔が素敵な(かわいい?)ケビンさん」って言ってて可笑しかった。

22時から挨拶しに行きます〜とか言ってるけど、ペンミ終わった時が既に21時55分くらい(笑)エレベーター激混みだし…22時30分過ぎてようやく、ピンポン押されてもうすぐ来ます〜からの今5階でまだ当分来ません〜。23時25分くらいにまたピンポンでそろそろ来ます!と。廊下で待ってる時に、一般のお客様がめっちゃ通られるんだけど、みんななんだなんだ?ってご様子で面白い。
そして暫くしてユキス現れる。

何話せばいいかプチパニック。笑
ジュンくん
「わぁジュンくん〜」ハグをするんだけど、ジュンくんのサイズ感が可笑しすぎて、囚われた気持ち。笑 包み込まれてる感がハンパない。笑
「楽しかったですか?幸せでしたか?」
「うん!楽しかったよ〜ありがとう〜♡」ジュンくんが少し屈んで顔を近づけてくれるんだけど、近すぎて、、しかも、いい感じの角度。笑 大きな純粋なお目目で見つめられて困るおばさん。
「ジュンくん本当に背が高いね〜大きくてびっくり!」
「大きいですか!?(普通に立って私を見る)確かに大きいですね、僕(笑)」(ハイタッチ) (30cmくらい違うわけでしょ、大きいよ、そりゃ!笑)
「本当にジュンくんかっこよくなったよね〜!あれなんだっけ?ジュンくんが入った曲〜何?(思い出せないよ…なんだっけ)あぁ〜!キプリジマ!笑」
「あーはい!笑 キプリジマがどうしました?」
「いや、キプリジマの時よりも1000倍くらいカッコよくなったな〜って思って!」
「わぁ嬉しいです〜ありがとうございます〜♡(ハイタッチ)疲れてませんか?」
「うん、大丈夫だよ〜ジュンくんは疲れてない〜?眠いでしょ?笑 大丈夫!?」
「大丈夫です〜笑」
「ジュンくん若いもんね〜笑」
「そうです〜僕〜若いから♡」ハイタッチ
「二日間本当にありがとうね〜とっても楽しくて幸せだったよ!」
「僕もありがとうございます!気をつけて帰ってくださいね!またすぐに会いましょう!おやすみなさい〜」
「おやすみ〜」
ジュンくんはハイタッチが好きなんだと、今回
ペンミで知る。(真相は知らない 笑)
ケビン
「わぁケビン〜」
「わぁ〜さやかちゃーん!楽しかったですか?」ギューっとハグ♡スキ…
「うん!楽しかったよ〜♡たまたまね…」
「はい〜何ですか〜?」優しい声T_T
「うん、たまたま、全部ケビンに当たって、全部をケビンと出来たの〜凄い運が良かったな〜って思って…」ケビンの手を下に両手を重ねてお喋り。ケビンがぎゅっと手を掴んでくれてる。そして、うんうん優しく頷きながら聞いてくれる。
「さやかちゃん、本当に僕をよく当てますよね!運がいいです〜さやかちゃんが幸せなら僕も幸せです〜」(なんてよくできた子。本当に)
「ありがとう〜本当に幸せな2日間だったよ〜♡お疲れさま!ありがとう〜」
「僕もありがとう〜」(緊張しすぎて頭が真っ白な私)ケビンに何も話さないの?的な顔される(笑)
「ケ…ケビンの手…温かいね♡」(ケビンと手を重ねながら話していた事に気づく。そして、緊張のせいか自分の手がとても冷たい 笑)
「おっ手?笑 あったかいですか?笑 僕の手はいつもあったかいんです〜♡ほら、雨の日のリリイベの時も〜」(あったな、、そんなこと。冷たくてゴメンね!って謝ったわ 笑)
「あぁそうだったね〜!!」
「そうです〜(笑)大好きですよ♡本当にありがとう〜」
「私も大好きだよ…ありがとう〜♡次、いつ会えるかな?暫く会えないかな?」
「寂しいですね…だけど次に会う日まで、お仕事一生懸命頑張ってください!僕もお仕事頑張ります!一緒に頑張りましょう〜そしてすぐに会いましょう!」(ケビンちゃんお仕事って…私まだお仕事…だけど、一生懸命働くよ!頑張るよ!稼ぐよ!ってかケビンちゃんがお仕事頑張る言うのやめて!笑)
「うんお互いに頑張ろうね♡またすぐに会おう〜♡おやすみなさい〜」
「おやすみ〜♡」
本当はもっと話したいこととかいっぱいあったけれど、まぁ私にしては上出来かな?笑

同じ部屋として、やっているキスミさんが挨拶をしている時に後ろをおじ様が通る。ケビンたちの顔を覗き見そしてガン見しながら
おっ?芸能人か?何だ何だ?人気があるのか?』最後のワードに思わず振り返っておじさんを見るケビン。結構な困惑真顔気味。笑 集中してください!
そしてある程度階の方々が終わった時には日付が変わっている。集合時間まで4時間!笑 とりあえずコンタクトだけ外して、ケビンを遠目から見守る。
そして、解散して、もう結構な時間。寝たら最後感半端ないし、お腹空いたし〜
のんびりしながら、荷物をまとめて、同室の方々と色々とお喋り〜寝れば?起こしてあげるよ〜ととっても優しいお姉さま方。しかし結局起きてて…
1時過ぎにみんなとコンビニへ〜アイスなどを買って戻ってお話をしながらモグモグ。本当に優しい方々で良かった〜楽しく過ごせた^ ^
そして、もう2時30分くらいだったので、私はそのまま起きていることに。お姉さま方が出て行く時に起こしていいからね!寂しいじゃん、一人で帰るの!とどこまでも優しい😭
1時間寝転がりながら時を過ごして、布団しまって(布団の入れる棚がうるさすぎて、めっちゃ汚い入れ方になってしまったのだけど、その後大丈夫だったかな?)、全荷物をまとめて部屋を出る。
集合場所行って写真確認して、運動会の集合写真とか写ってなくて笑った。笑 背が低いから背伸びしても全然写らない←

4時過ぎにバスに乗り込んで、金浦へ。
約2時間バスに揺られ爆睡。時々バスが横転するーーーー!と思ってうっすら目が覚める。パッと目が覚めて時間を確認すると5時50分くらい!暫くしたらバスの電気がついて間もなく着きますよ〜と。
6時前について、チェックイン!

6時30分に保安がOPENしてすぐに入って、中のいつものカフェで買おうとするも、どれを飲むにも5万ウォンくずさないと買えない事実を知り、朝ですけど5万ウォン使えますか?って聞いたら案の定使えないと。円使うのも嫌で、初めて使う方の食べ物屋へ。笑(安くて5万ウォン使わないで買える♡)喉が渇きすぎてて^^;

搭乗口のところで飲みながら待ってて、搭乗開始時間になっても搭乗開始しなくて、何だろう?と。出発時間10分前くらいに、いきなり名前を呼ばれるから、えっ私、乗り遅れた?みんな気づかぬ間に乗ってるの?とパニック。笑 しかも呼び出された名前が7割くらいしか合ってない。笑 苗字は読み辛いかもしれないからまぁ気にしないけど、SAKAEさんって誰さ。笑
後方のドア故障により後方の座席が使えないと、席チェンジのお願いを。お陰で、人生初のビジネスクラス

ビジネスクラスは優しくされ過ぎて困る。笑 次のバスで来たキスミも集まるくらいに遅延して、離陸。
優雅なフライト!二度と乗れないであろうビジネスクラス。がしかし、逆に二度とエコノミーに乗りたくなくなるような心地よさ♡笑

最後の最後まで記憶に残るペンミでした♡
(金浦のゲートで待ってる時から、機内では前の前の席に、そして、日本で荷物待ちの最中、ずーっと韓国の俳優さんが目の前にいて、最後はケビンではなくて、その人で終わるというある意味いい思い出も(笑) (今放送中のドラマに出てる人で、あっこの前の見てない!と思い出しました^ ^) プライベートでゴルフに来たみたい 笑)

初の韓国 ペンミはとっても楽しくて幸せで良い時間でした♡
よくケビンの引きが強い、ケビンをよく当てる、ケビン運がありすぎって色んな方に言われて来たけど、まさかここまでケビン運が良いとは思わなかった^^; びっくり!
まぁなかなかこんなに運よく全てが上手くいく事ってなかなか無いから、また次に行く機会があったら、その時はまた、、誰でも当たった人が運命だ!というスタンスで行くことにします。流れに身を任せて〜
次にあっても行けるかは分からないし、諸々、どうなるから分からないけれど、また行きたいな〜♡なんせ、ハイタや握手会、サイン会とは全然違う…ペンミってすごいなーって実感したので!笑(この5年半でやってきたこと、全てを足してもペンミには敵わないくらいの凄さ?笑)

ユキス、、キスミさん2日間お疲れ様でした♡ありがとうございました♡

そして誰よりもケビンちゃんに…ありがとうと愛してるを♡

 

(.ペンミで言ってた今月の終わりに発表が〜というのがとても気になっております。)